トヨタ・ヴェルファイアはインパクトのあるデザインが特徴です

トヨタ・ヴェルファイアは国内でトップクラスの大型ミニバン車種です。

トヨタ・ヴェルファイア

インパクトのあるフロントマスク

外観に関してはアグレッシブな印象を与えることで20代~30代の若い男性ドライバーをターゲットにしていることが理解出来ます。

フロントフェイスには大型のメッキグリルが採用され、ヘッドライトも分割されています。

サイド部分に関してはアクセントのある吸気口が設置されていて、ワイルド感を演出しています。

高級感のある内装

外観だけでなく内装も高級感があります。

シート表皮はセミアニリン本革となっていて、ブラックとフラクセンの2カラーが用意されています。
パネルはオリーブ・アッシュパール木目調となっています。

また、助手席はスーパーロングスライドシートとなっています。ロングスライドレールを採用することによって、最大1,160mmの助手席スーパーロングスライドが可能になりました。

ロングスライドレールの採用で、従来までの助手席とセカンドシートが分かれていたスライド可動域が、同一レール上にシートを設置することが可能となります。

運転席に関しては乗車する方の体格に合わせてシートポジションをスイッチ操作で調整することができ、簡単に最適なドライビングポジションに設定することが可能です。

カスタムパーツが充実

トヨタ・ヴェルファイアはカスタムパーツが非常に充実しています。

例えばフロントスポイラーでは重圧感とスポーティーさを感じさせるデザインとなっています。

フロントグリルではシルバーとブラックの2カラーを合わせたデザインが用意されています。

リヤ部分においては大型のリヤウィングを装備することも可能です。

これらのカスタムパーツを組み合わせることによって、自分だけのヴェルファイアを作り出すことができるのです。

特別仕様車「GOLDEN EYES」

トヨタ・ヴェルファイアから特別仕様車「GOLDEN EYES」が登場しました。

ヘッドライト部分がゴールドになっていることで高級感と威圧感がさらにプラスされました。

シートデザインは鱗(うろこ)柄が採用されています。

ラゲージスペースに関しては標準モデルとほぼ同じ広さとなっています。

100Vのアクセサリーコンセントが標準装備されている点も大きな特徴です。センターコンソールの後方にコンセントが装備されています。

2列目シートでスマホやゲームなどを使用する際に重宝します。

その他にはスマートキーにも違いがあります。「GOLDEN EYES」のスマートキーにはパワーバックドアの開閉スイッチが装備されています。

このように単に外観が違うだけでなく、利便性に関しても変更されている点が特別仕様車「GOLDEN EYES」の人気の秘密です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です