日産セレナは多彩なシートアレンジが可能で使い勝手が最高です

日産セレナの初代モデルは1991年に登場していて、他社メーカーを含めても同じクラスのミニバンで一番歴史が古い車種です。

日産セレナ

多彩なシートアレンジ

日産セレナの大きな特徴としては、多彩なシートアレンジが可能だという点です。

セレナの2列目シートはスマートマルチセンターシートとなっていて、8人乗りの設定になっているのですが、2列目の真ん中のシートを独立させることができます。

その結果、運転席と助手席の間のウォークスルースペースまでスライドさせることができるのです。

また、2列目と3列目にウォークスルー空間を作り出したり、シートを横にスライドさせて、3列目シートへの乗り降りを簡単にできるようになります。

ハイウェイスターの導入

日産セレナには通常グレードの他にハイウェイスターもラインナップされています。

ハイウェイスターはエアロパーツやアルミホイール、電動スライドドアが装備されている上位グレードです。

実際にハイウェイスターのグレードは人気が高く、日産セレナを購入する方々の約7割近くがハイウェイスターを選択しています。

ハイウェイスターを選択すると300万円近くになりますが、それでもハイウェイスターのグレードを選択するというのはそれほど魅力的なパッケージになっているという証拠なのだと思います。

フルモデルチェンジを実施

2016年8月に日産セレナはフルモデルチェンジを実施しました。

今回のフルモデルチェンジの一番の目玉がプロパイロットが搭載されたことです。

プロパイロットとは「ドライバーの運転操作を支援するためのシステム」のことを指します。

具体的には単調な渋滞走行や長時間も巡航走行時に、ドライバーに変わってアクセルやブレーキ、ハンドルを自動で制御してくれるという最新技術です。

プロパイロットは2つのテクノロジーによって構成されています。

一つ目は「レーザースキャナー」です。高精度の3次元計測機能を搭載することによって車両の周囲に存在する物体との距離を正確に測定することができるため、安全走行が可能になります。

そしてもう一つが「8カメラシステム」です。360度の視野で遠くまで見渡しながら正確に車両の進行方向を決定することが可能になっています。

プロパイロット機能は非常に評判が良く、実際に新型セレナを購入した約7割の方々がプロパイロット機能の装着モデルを選択したという販売データが発表されました。

日産セレナをおすすめしたい層

日産セレナは広々とした室内空間を確保しているため、小さな子供がいるファミリー層におすすめです。

両側スライドドアとなっているため簡単に乗り降りができるだけでなく、前後左右に移動できる2列目シートによって利便性も非常に高いです。

セレナにはストップアイドリング機能も付いているので、買い物や子供の送り迎えなどにおいても燃費効率を悪化させる心配もなく、経済的にエコドライブを実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です