ホンダ・オデッセイは走行性能と安全性に優れたミニバンです

ミニバン車種の中で人気があるのがホンダ・オデッセイです。1994年にデビューしてから現行モデルで5代目となります。

ホンダ・オデッセイ

超低床で乗り降りが簡単

ホンダ・オデッセイの特徴の一つが乗り降りのしやすさです。

一般的なミニバンは車高が高くなっているので乗り降りがし難い車種が多いのです。

しかしオデッセイは超低床設計となっているため、段差を気にせずにスムーズに乗り降りができるようになっています。

乗り降りがしやすいということで、大きな荷物や重い荷物などの積み卸しも簡単です。

また、スライドドアを採用しているので、狭い場所に駐車しなければいけなくなっても問題ありません。

<引用>
伸びやかで独自の存在感を醸し出しているデザインが特徴的です。インテリアも質感が高い造りになっていて、7人乗りと8人乗りが用意されています。乗り方や積み方に応じてシートを自由自在にアレンジすることができます。

約30㎝の低いステップ位置になっているので、小さな子供やお年寄りの方でもスムーズに乗り降りができる工夫が施されています。

引用記事:超低床で乗り降りが楽!ホンダ・オデッセイの買取価格の査定相場

室内スペース

運転席だけでなく、2列目シートや3列目シートもゆったりと座ることができます。

特に2列目シートは左右独立したシートになっているので前後に簡単に移動できたり快適に過ごすことができます。

2列目・3列目シートにゆとりができたことによって、ラゲッジスペースが少し狭くなっています。

それでも3列目シートは床下収納ができる仕様になっているため、大きな荷物を積み込む際にもそれほど苦労をすることはありません。

インテリア

オデッセイのインパネは黒の木目調が採用されていて高級感を演出しています。

ハイブリッドモデルにはセンタークラスターの中央部分にハイブリッド専用のEV走行モードスイッチが搭載されています。

また、センタークラスター部分の張り出しがそれほど大きくなく、運転席から助手席に移動するのも簡単です。

引き出し式のインパネトレイとドリンクホルダーも装備されているので使い勝手も良いですね。ワンプッシュで簡単に展開することが可能です。

ダッシュボード中央に設置されているタッチパネルでエアコンなどの操作を実施します。

優れた走行性を発揮

ホンダ・オデッセイは3列シートのミニバン車種なのですが、低床・低重心化となっているため、安定した走行が可能となっています。

ミニバンにありがちなコーナーリング中にフラフラして危険な目に遭うこともありません。

オデッセイにはガソリンエンジン車だけでなくハイブリッドシステム搭載車もラインナップされています。

ハイブリッドシステムのエンジン部分は発電に徹して幅広いスピード領域はモーターで走行する仕組みになっています。

低燃費で走行できるだけでなく、大きなトルクを発生して幅広い速度域でもスムーズに加速していくことができる仕様になっています。

「スポーツハイブリッド i-MMD」を搭載

ホンダ・オデッセイは2016年2月にマイナーチェンジを実施してハイブリットモデルが追加されました。

このハイブリッドモデルはアコードの「スポーツハイブリッド i-MMD」を進化したバージョンです。

ホンダ独自のハイブリットシステムで2L直4のアトキンソンサイクルエンジン、走行用モーターと発電用モーター、大容量リチウムイオン電池などで構成されています。

巻線方式と構造を刷新した新開発のモーターは従来型から約23%の小型軽量化を実現しました。さらに高トルク・高出力化にも取り組んでいます。

直列4気筒DOHC 2.0リッターエンジンと組み合わせることで、燃費はクラストップの26.0km/Lを達成しています。

i-MMDを搭載しているのはアコードとオデッセイのみで、ミニバンタイプではオデッセイが最初となっています。

ハイブリッドモデルの価格はオデッセイ・ハイブリッドが356万円~402万6400円、オデッセイ・ハイブリッド・アブソルートが378万円~405万6400円の範囲内で設定されています。

オデッセイのハイブリットモデルが登場したことで販売台数も好調に推移しています。

安全運転支援システム『Honda SNSING』を搭載

また、先進の安全運転支援システム『Honda SNSING』が搭載されています。ミリ波レーダーと単眼カメラでクルマの前方の状況を認識します。

全走者や対向車、歩行者との衝突回避をサポートしたり、車線やクルマの流れから外れないように導いてくれます。

オデッセイは平成27年度自動車アセスメントの予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+」を獲得しています。

アブソルートグレード

ホンダ・オデッセイには上位グレードとしてアブソルートが用意されています。

パワフルな直噴エンジンや専用のチューニングサスペンションが標準装備されています。

その他にはエアロダイナミクスやカラードバンパー(フロント/リア)+エアロダイナミクス、ドアロアガーニッシュなどが他のグレードとはことなり、差別化を図っています。

ワンランク上のオデッセイを所有したい場合はアブソルートグレードを選択して下さい。

立体駐車場でも駐車できない

ミニバンは全高が高いこともあり、立体駐車場に入ることができない車種も存在します。

ホンダ・オデッセイの4代目モデルまでは立体駐車場に駐車することができたのですが、5代目モデルから全高が150mm高くなったことで、立体駐車場の高さ制限を超えてしまい、駐車することができなくなったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です