トヨタ・ノアはファミリー層に人気のミニバン車種です

トヨタ・ノアは8人乗りのミニバンでファミリー層を中心に人気がある車種です。

2001年にデビューして好調に販売台数を伸ばしていて、現在は3代目モデルとなっています。

トヨタ・ノア

3代目ノア

3代目ノアは2014年から登場しました。外観からも室内の広さが感じられるように箱型のプロポーションとなっています。

フロント周りはアンダーグリルと一体化したフロントグリルが採用されました。このフロントグリルによって先代モデルよりもより一層ワイドになり存在感を感じさせるデザインとなりました。

室内はダッシュパネルから後方のボディ構造を変更して、低床フラットフロアが採用されています。

2代目ノアと比較して全高が25mmダウン、室内甲が60mmアップしたころでステップがない乗り込みと広い室内空間を実現しています。

グレード体型

トヨタ・ノアのグレード体系はガソリン車は「X」・「G」・「Si」の3グレードに分類することができます。

「X」には、ヘッドランプをハロゲンにグレードダウンして、アイドリングストップシステムなどの一部装備を非装備化した廉価仕様の「X”V Package”」も用意されています。

あまりコストをかけずにノアを手に入れたいと考えているなら、「X”V Package”」も選択肢の一つに入れておいて下さい。

ハイブリッドタイプもラインナップ

トヨタ・ノアにはハイブリッドタイプもラインナップされています。ハイブリッド車は「HYBRID X」と「HYBRID G」の2つのグレードが用意されています。

ハイブリッド車で気になるのが燃費数値です。ノアのハイブリットタイプの燃費数値はカタログで23.8km/Lと掲載されています。

ハイブリッド車では平均的な数値となっていますが、実燃費に関しては高速走行時には20km/L、一般走行で17km/Lを記録しています。

7人乗りのハイブリッド車の中には実燃費が12~14km/Lという車両も存在します。

これらの大型ハイブリッド車と比較すると優れた燃費数値だということが理解出来ると思います。

特別仕様車「Si”W×B”」を発売

2016年7月には特別仕様車「Si”W×B(ダブル バイ ビー)”」が発売されました。

「Si」をベースにして、内装色に特別設定色のブラック×ブラックを採用して、天井やピラーなどの内装を全てブラックで統一しているのが大きな特徴です。

センタークラスターパネル・サイドレジスターベゼル・マルチインフォメーションディスプレイフードにおいてもピアノブラック塗装をしています。

一方の外観に関してはフロントグリルのベース部・LEDヘッドランプ・LEDクリアランスランプ部分にブラック塗装を施しています。

そしてフロントグリルモールにダークメッキを採用しています。さらにフロントフードモール・フロントバンパーロアモールにはスモークメッキを採用、フロントフォグランプにはスモークメッキベゼルを採用しています。

特別仕様車「Si”W×B”」は通常のノアと同様にガソリン車とハイブリッド車の2タイプが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です