トヨタ・アイシスはパノラマオープンドア搭載のミニバン

トヨタ・アイシスは2004年9月から販売がスタートしたミニバン車種です。2016年12月現在まで一度もフルモデルチェンジは実施されていません。

実際に購入しているユーザーの年齢層としては30代~50代くらいが多いです。

アイシスのライバル車種としては日産ラフェスタやマツダ・プレマシーなどが挙げられますね。

トヨタ・アイシス

デザイン

トヨタ・アイシスはオーソドックスなデザインとなっていますが、スタイリッシュで長年乗っていても飽きることはありません。

ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、グレーメタリック、ブラック、レッドマイカメタリック、ボルドーマイカメタリック、ダークブラウンマイカメタリック、ダークブルーマイカから選択できます。

インテリア

トヨタ・アイシスのインテリアで一番大きな特徴はなんと言ってもパノラマオープンドアが装備されていることです。

センターピラーが内蔵されているドアとなっていて、助手席と後部座席のスライドドアを開けると広くて大きな開口部が出現します。

パノラマオープンドアを導入することで単に開放感があるだけでなく、快適な乗り降りが可能になります。

シート構造は3列7人乗り仕様となっていて、他の車種のようにグレードによってシート形状や配置が異なることはありません。

シートアレンジも豊富であなたのアイデア次第でさまざまなアレンジが実現します。

例えば、助手席はタンブルシートになっていて、簡単なレバー操作で自在にアレンジすることができます。

前方にリクライニングすることでテーブルとして使用したり、折り畳むことでセンターキャビンを作り出すことも可能です。

3列目シートは5対5分割の後方床下格納機構付きとなっています。そのため、3列目シートを後方に格納することでフラット広いカーゴスペースを作り出すことができます。

エンジン

トヨタ・アイシスでは2.0Lエンジンと1.8Lエンジンの2種類のガソリンエンジンが用意されています。
吸気・排気バルブタイミングを的確にコントロールする『Dual VVT-i』と吸気バルブリフトを連続的に変化させるバルブマチックを採用することで、低中速トルクの向上と高速域での出力向上を同時に両立することに成功しました。

燃費性能に関しては2.0LエンジンのFF車が14.4km/L、そして1.8LエンジンのFF車が15.4km/L・4WD車が13.6km/Lの数値を達成しています。

コンパクトカーの燃費には及びませんが、ミニバン車種の中では優れた燃費を実現していると言えるのではないでしょうか?

安全装置『VSC』

アイシスにはVSC(ビークル・スタビリティ・コントロール)が装備されています。

コーナーリング時や急にハンドルを切ったりした際に前後のタイヤの横滑りをセンサーで感知してエンジンとブレーキをコントロールして車両の安定性を確保してくれます。

滑りやすい路面における発進・加速時にも効率良くパワーを路面に伝えてくれるので、安心して運転することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です