ホンダ・フリードはコンパクトサイズのミニバンで運転がしやすい

ホンダ・フリードはミニバン車種として人気があります。

モビリオとモビリオスパイクの2つの車種を統合して誕生しました。

ホンダ・フリード

コンパクトサイズのミニバン

ホンダ・フリードは一般的なミニバン車よりも少しコンパクトに設計されています。

それでも2列シート仕様の「FLEX」だけでなく、3列シートの6人・7人乗りも用意されています。

6人乗りの場合は一つのドアからどの席にも座ることができます。7人乗りの場合は大人が3人しっかりと座れる大型シートが採用されています。

少しコンパクトになっているので小回りがしやすいので、運転が苦手な女性でも扱えるようになっています。

新型フリードの登場

2016年9月にフルモデルチェンジが実施されました。

新型フリードには従来の6人乗りと7人乗りの3列シートが採用された「フリード」と2列シートにラゲッジルームを備えられた「フリード+(プラス)」がラインナップされています。

従来型のフリードと比較して室内スペースとシートスライドの範囲が広がり、居住性が高まりました。

ウォークスルーやの幅やスライドドアの開口幅も拡大されたことで後部座席の乗降性も向上しています。

さらに安全性においては衝突軽減ブレーキシステムなどが使用できる「Honda SENSING」が導入されています。

エクステリアに関しては従来型からフロントグリルとフロントバンパーガーニッシュのデザインなどが変更されています。

ハイブリッドタイプも用意

ホンダ・フリードにはハイブリッドタイプも用意されています。

アトキンソンサイクルの1.5Lガソリンエンジンに、1モーター内蔵7速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせた「SPORT HYBRID i-DCD」が採用されています。

気になる燃費に関しては、FF駆動方式のフリードが27.2km/L、4WD駆動方式のフリードが25.2km/Lを実現しています。

一方のガソリン車のフリードの場合はFF車が19.0km/L、リアルタイムAWD車が17.6km/Lとなっています。

ホンダ・フリードはこんな方におすすめです

ホンダ・フリードはコンパクトタイプのミニバンとなっているので、小さな子供がいるファミリー層などに人気があります。

運転もしやすいのでママさんドライバーでも難なく乗りこなせると思います。通常のミニバンよりもサイズが小さいので、燃費も良くて経済的です。

コンパクトサイズでありながら、セダンなどの車種よりも室内スペースが広いので、後部座席にアウトドア用品を積み込んで休日に思いっきり楽しみたいという方々にもおすすめです。

このように使い勝手がよいミニバンとなっているので、さまざま用途に使用できます。

「大きすぎるミニバンはちょっと・・・」と考えている方にもおすすめの一台です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です