高級感のあるミニバンが欲しいならトヨタ・アルファードで決まり!

トヨタ・アルファードは2002年からデビューしたミニバン車種です。

室内スペースが広くて荷物をたくさん積んでも問題ないということで、アウトドアを楽しむファミリー層に人気があります。

トヨタ・アルファード

豪華な装備

トヨタ・アルファードの特徴はやはり豪華さではないでしょうか?

特に室内が充実していて、高級セダンに負けないようなシートのクッション性やインパネ部分の品のあるデザインなどが優れています。

最近ではクラウンやベンツなどの高級車に乗る方々の中でもアルファードに乗り換える割合が増えています。

優れた走行性能

トヨタ・アルファードは豪華さだけでなく走行性能も優れています。

ミニバンということで一般的な車種よりも重量があるのですが、赤信号からの発進時でもしっかりと加速していきます。

街中の上り坂でもストレスなくスムーズに加速します。

高速道路の合流地点でもスムーズに加速して合流することができます。時速80キロ程度で走行していてもまだまだ余裕がある感じがします。

大きなサイズの車種なので長時間高速運転をしてもあまり疲れることはありません。快適に運転することができます。

ブレーキの利き具合も良く、重量のある車両をしっかりと減速させます。また、単に減速させるだけでなくガクッと効くようなブレーキタッチの悪さを感じることもありません。

もちろん踏み込んだだけしっかりと減速するので、強く踏み込めば短い距離で停止させることも可能です。

その一方でコーナーリングは苦手です。ミニバンということで重心が高く設定されているので、曲がりくねったワインディングロードを走行するのは向いていません。

但しそれはミニバン以外の車種と比較しての話で、同じミニバン車の中ではコーナーリング性能は高いレベルを誇っています。

おすすめグレード

トヨタ・アルファードには数種類のグレードが用意されていますが、その中で特におすすめなのが『エグゼクティブラウンジ』です。

エグゼクティブラウンジはハイブリッドタイプで3.5リッターエンジンを搭載しています。

新車購入価格も650万円~となっていて、上位グレードに位置しています。

17インチアルミホイールを標準装備しているだけでなく、専用シートやレーダークルーズコントロールなどの装備も付いています。

ヴェルファイアとの違い

トヨタ・アルファードはヴェルファイアと兄弟車の関係になっています。

ヴェルファイアとの違いはどのようなところにあるのでしょうか?

基本的な構造はヴェルファイアと同様になっていますが、外観が異なります。

ボンネットやフロントフェンダーパネルなどにおいてそれぞれの車種別の専用パーツが導入されています。

また、Aピラーの付け根部分からボンネットに繋がっていく部分がオリジナルデザインとなっています。

そしてリヤ周りにおいてはリヤバンパーやリヤガーニッシュなどが専用パーツとなっています。(※リヤコンビネーションランプは共通のデザインです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です